相談ルーム

相談(ミーティングルーム)のご案内

「勉強がわからない」
「イライラして集中できない」
「周りの人がイヤなことをする」
「人間関係がむずかしい」
「将来の道が決まらない」・・・

様々な問題に直面すると、ともすれば先が見えなくなって立ち止まり、
悩んだり「どうせ私は」と投げやりになったりすることがあります。

“進路を切りひらく”とは、「進学先や働く場所を決めること」のみを意味するのではありません。
一人ひとりが秘めている<素晴らしい“ちから”>をひき出し明日に向かう、将来を切り拓いていくことにあります。
「悩む時こそ、未来への力をつけられる大切なチャンスなんだ」ととらえます

スタッフは、子ども・若者からの話しや悩みを聴き、必要なサポートをする“パートナー”
“伴走者”です。

当然のことですが、子ども・若者との信頼関係が基盤になります。
そのような視点をはじめとする「ソーシャルワークの理念」を大切にします。 

 

保護者の方、学校の先生、支援員さん・・・
お気軽に声をかけてください

「子どものことがよくわからない」
「反抗期でしょうか」
「朝、起きようとしないのですが・・」
「親子の会話がうまくいかない」
「学力をどの ようにつければいいのか」
「ゲームばかりして 勉強しない」等と いう保護者の悩み・・

「指導、指示が入らない」
「何を考えているのかわからない」
「関係性をつくれない」
「授業が うまく進めにくい」等、学校の先生、支援員の悩み・・

ひとりで悩まないで、少しでも話してください。

問題が解決に至らなくても、気持ちが楽になればと 思います。
ここでもスタッフは必要なサポートをする “パートナー”“伴走者” です。

秘密は堅く守ります。安心してミーティングルームをご利用ください。
*詳細は、お会いしたときにご説明します。

かんちゃん塾 スタッフ

◎佐子 完十郎(代表)

◇社会福祉士
 特別支援学校・高等学校の教職経験37年
 現在、公益社団法人 滋賀県人権教育研究会研究推進部研究員(事務局:大津市) 
◇スクールソーシャルワーク研究会しが代表(事務局:近江八幡市)
 特定非営利活動法人 日本スクールソーシャルワーク協会理事
  (事務局:東京都)
 体罰をみんなで考える会監事(事務局:大阪)

◎ 中桐 万里子

◇親子をつなぐ学びのスペース・リレイト(子育て支援機関)を京都市で開設
◇中学校・高等学校・企業等で講演活動を展開
◇京都市在住、京都大学教育学博士(専門分野:臨床教育学)

連絡・問い合わせ先

メールでのお問い合わせは以下のフォームよりお送りください。